受講について

ウパカレッジのカリキュラムは「エンジニアとして長く活躍するための土台を作ること」を目的にしています。そのためただ「学ぶ」だけではなく、ビジネスマンとして成功するための構造を作ることを目的にトレーニングしていきます。

3つの達成目標

1, 完璧な自学自習習慣を身につけ、困難な技術習得を容易にこなせる構造を持ったエンジニアになること。
2, サービスやアプリ開発の確かな知見を持ち、クライアントの要求に柔軟に応えられるエンジニアになること。
3, 自らサービスを生み出す事ができ、改善し続けることができる起業家気質のあるエンジニアになること。

ウパカレッジが提供する、成果を出すための構造

ウパカレッジの構造は、もともとは代表である白井が、法人研修や自身で企画した週末プログラミング教室など計1500名以上の社会人の方を指導する中で、本当に実力をつけるために何が必要かを考えて試行錯誤して作り上げたものです。学んで終わりには決してせず、インプットした知識を実際に使い、確実に定着できるように意図されています。その結果が高い開発職への転職率に反映されています。

180日間を通した基礎力向上トレーニング

塾生は半年のカリキュラムの中で毎日、習慣管理が徹底されます。また開発者として必要な状況判断力、インプット速度などもトレーニングされます。

毎週末にメンターと1週間を振り返り改善する1on1

24時間のオンライン質問対応の他、毎週末には1on1で1習慣を振り返る機会があります。成長を阻む課題を浮き彫りにし、未来の前進を作ります。

実務での開発を意識した学習タスクと課題

ウパカレッジは自社のサービス開発エンジニアを養成するつもりでトレーニングを提供することで、実践的に課題を解決する力をつけることができます。

無料カウンセリングでウパカレッジがあなたに最適か分かります。

無料カウンセリングを予約する