インターン・内定制度について

未経験からでもカリキュラムが順調に進んでいれば開発に入る機会があります。それがウパカレッジのインターン・内定制度です。

サービス開発の上で課題を乗り越えるための能力がついた方が有給でエンジニアとして実務経験が積める画期的な制度です。

エンジニアとして採用面接に臨む際、企業が評価するのは「実際のプロジェクトでどんな活躍をしたか」という点に尽きます。それにより、企業の採用担当者はその人が具体的に働くイメージを掴みやすくなり、採用に対して前向きになります。そこで渋谷コード塾では6ヶ月のカリキュラムの中で実際のサービス開発に擬似的に参加して実践経験を得るためにインターン制度を導入しています。これにより、学習や練習だけでは不足していた「本物の開発体験」を得ることができます。

Upaの開発の流れ

インターンシップでは実際にUpaで行なっている開発の流れを踏襲しながら開発スキルの向上を図っていきます。いわゆる「チケット駆動開発」といわれるアプローチを通して開発者としての基礎を養っていきます。有給での開発なので責任を持って取り組んでいただきます。

1, 課題のキャッチアップ

顧客からのサービスへのFeedBackをイシュー(課題)にするので、代表やリードエンジニアと共に背景や目的をキャッチアップします。要求分析、要件定義に触れることで、PMの仕事も肌感でつかんでいただきます。

2, 実装・テスト

実装はGit/Githubを絡めGit-flowで行います。1イシューに対して1PRというベースで実装を行い、先輩エンジニアからのレビューを受けながら修正していきます。SOSを出せば助けますが、基本的には一人のプログラマーとして実装からテストまでを担当します。

3, リリース・フィードバック

実装が問題なければリリースをし、週一回の1on1や定例で実装に関するフィードバックを受けます。課題感を明確にしたのちに新たな課題を割り当てられます。

無料カウンセリングでUpaがあなたに最適か分かります。

オンラインカウンセリングで詳しくお話させていただきます。

無料カウンセリングを予約する